Jan 20, 2014

制作を習慣にするといつでもハラペコ状態になる!



ここ最近は週1ペースでブログ更新と配信を守っている。
とはいえまだ3週間程度ですが、、
こんな風に自主制作を習慣化するとあらためて発見がある。

それは常にハラペコになるということ!
(今日の日記はそんなに長くないよ)




現状の当ブログは毎週土曜日にコラムを投稿〜という流れなのだけど、
毎回凄まじく時間がかかっている。
しかも(見ての通り)長すぎて読みづらい。。。

ブログを更新し続けることは体力もそうだがアイデアや技術が必要だ。
記事にするネタもそうだけど文体だったり、構成だったり、そういった技術がとにかく自分に足りてないと実感する。凹むのと同時に他の人が書いた良い文章対する執着心がメチャクチャ上がる。
TwitterやTumblerを巡回して気の利いた言い回しを見つけても、「おもしれーw」と思って終了じゃなくて「あ、その手があったか!これオレもやりたい!」という技術的な部分に目が行く。盗みたくなる。

この体験って別に文章だけの話じゃない。

オレが最初に絵を上手くなりたいって思って練習をはじめた時もそうだった。
(結構最近の話なんだけど)
25歳くらいの頃からちゃんとデッサンやらないとやべーと思い始めてクロッキーとか始めた。これがもう我ながら無茶苦茶描けなくてビビった。
それまでもイラストの仕事は少しやってたんだけど、いや、ホント運が良かったとしかいいようがない。

2011.2.16
練習初期作、素晴らしい立体感ですね

こんな風に自分がいかに下手くそかっていうことがわかるのは自主制作(練習)を習慣化したからだ。新しい課題に取り組むと必ず描けないことがわかる。オレの場合はプロ志向だったので特に技術不足を痛感できた。

でもそうやって制作にのめり込むと人の絵に対して「いかに技を盗むか」を考えるようになる。自分でやってみる前は見分けがつかなかった萌え系イラストのジャンルみたいなものも制作にのめり込んでいく内に理解できるようになってくる。例えば多くの人が真似をしたブリキ先生の凄さがわかってくる。

2012.6.15
曲の依頼物なので比較としてはフェアじゃないかもだけど、影響ががが
 ゆよゆっぺ『Baby Maniacs』PV寄稿イラスト

とはいえ今の自分は会社以外のイラスト仕事もやめてしまった。
美少女系ジャンルに関していえば他の人、特に若い方と渡りあえる自信がないからだ。

それでも練習に費やした時間は尊く、ハラペコになった自分にアイデアをくれた作品には本当に感謝している。ナフリスペクトだ。

最初に戻って。

今は主にプログラミング(AS3)とブログコンテンツを制作している。
プログラミングは去年、本を何冊か読み、メモを作る勉強だけをしていた。
今年に入って制作に移ったが、あまりにも出来なすぎる。サンプルコードを微妙に変えただけでもう動かない。トラブルシューティングに2時間ほど検索でうろうろ。。。
自分の妄想がいかに机上の空論だったかがよくわかる。覚えも悪い。

それでも、しょぼくても自分で作った方が読んでるだけより何倍も楽しいんだよね。
この年になっても勉強することばかりで、先人の教えに預かっております。

インプットはアウトプットが前提の方が吸収しやすい。
読みつつ、書き、わからなくなったらまた読む。
これからも制作優先でアレコレ見ていきたいです。