Mar 9, 2014

同人百迷走 第12話「同人誌の書店委託 初めてのイロハ」


前回「仲良し同人サークルほど崩壊しやすい!?

せっかく本を作っても売れなければ制作を継続させ続けることは難しいです。
今までは制作についての考えを書いていきましたが、
今日は同人誌の委託販売についてのお話です。

イベントで同人作家と話していると書店委託や通販に抵抗がある方が
少なからずいるように思います。
たしかに自分の本を第三者に預けることに不安を覚えることはあるかも知れません。
しかし委託書店や代行業者を上手に利用することは、
あなたの作品をより多くの人達に伝えるチャンスにもなるのです。

今回は委託のメリットや自分がわかるかぎりの各書店の特徴などを
ざっくりと書きつつ販売についての考えをまとめていこうと思います。


Mar 2, 2014

同人百迷走 第11話「仲良し同人サークルほど崩壊しやすい!?」



前回の記事で「仲良しサークルほど崩壊しやすい」という意見を書きました。
これは統計をとったわけではないので単なるオレ個人の主観とも言えます。

しかし周囲のサークルを見る限りはこういった例はよくあるように思えます。
プライベートでも遊んだり旅行に行くような仲の良さの人達が、
同人サークルになったらなぜか崩壊させてしまうのです。

自分のサークル百化に関して言えば人間関係のトラブルはほぼ起きていないです。
(少なくともオレが把握している限りは…)
その理由は制作以外であまりコンタクトをとらないからだと思ってます。

具体的に同人の話をする前にまずは別のケースから考えていきます。
オレが注目したのは恋愛とお見合い結婚の離婚率でした。



恋愛結婚の方が末永い結婚生活が続くと思う方もいる知れません。
しかし現実は上のような客観的な数字がデータとしてあります。

これは離婚率の話ですが、同人サークルにも当てはまることは多いと思うのです。
上記記事でお見合い結婚の特徴として「冷静」「慎重」「理性的」と書いてありました。

仲良し同人サークルの結成において、
この3点を重視しているケースは少ないでしょう。

例えばネトゲで知り合い、凄く仲良くなった人同士でサークルを作る場合、
ゲーム内でのコミュニケーションと制作現場でのコミュニケーションは異質です。
それ故に同様の秩序を保てるかというと別なのです。

一つの関係性は全てのコミュニティにおいて万能ではないのです。